保育実習Ⅱ_実習報告会レポート

8月3日(火),「保育実習Ⅱ」の授業を受講し,6月-7月に保育園実習に参加していた学生の保育実習報告会が開催されました。

 

第1部で,「実習報告」として,実習先での実習内容や反省点を発表しました。
第2部で,「保育者の資質」をテーマとして,グループワークによる話し合いをしました。

こども学科の学生は,卒業後,保育園・幼稚園などに就職する学生が多くいます。実習先での成果や課題を他の学生たちと共有して,卒業後の職務に活かしてもらえればと思います。

卒業研究論文中間発表_前半組 発表しました

7月29日(木),卒業研究論文の前半組の中間発表を実施しました。

学生たちは,こども学,幼児教育,教育学,福祉,心理学などの領域の次のようなテーマの卒業研究論文に取り組んでいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
移行対象(ぬいぐるみに着目して)
愛着形成の大切さ保育者としてできることを探る
愛着障害の疑いのある子どもの理解と支援
エヴァンゲリオンの魅力は何か解明する
鬼滅の刃(2020年)の魅力を解き明かす
コロナ禍による院内学級の課題と現状
福祉施設におけるCSP実践に関する考察
中国を起源とする年中行事と日本の保育活動:ひなまつり・端午の節句・七夕
障がい者の水中運動における効果と課題
おもちゃのある暮らし:おもちゃの歴史から役割と魅力を考える
自閉症についての理解
どうやって自分の心を守るか:ヨシタケシンスケ『ころべばいいのに』『にげてさがして』を読むダウン症を育てる父親の思い・母親の思い:インタビューを通して
インターネットの匿名性と是非:インターネットと人権侵害 (匿名の誹謗中傷 ~その現状と対策)佐藤 佳弘の本を読む
発達障害者の就労支援の実際
アニマルセラピーの現状と課題
外国にルーツを持つ子どもと保護者への支援:保育者の視点から

こども応援広場_2021 開催‼

7月25日(日),本学9号館において,「こども応援広場」を開催しました。
コロナ対策のため,入場して頂く人数を150組の親子に限定しての開催となりました。

フィッシングゲーム,深海迷路,ボーリングなどのアトラクション,絵本読み聞かせイベント,1年生のゼミごとのダンスイベントなどで,参加して頂いた親子に楽しんで頂きました。

  

学生たちは,2ヶ月くらい前から,こども応援広場の準備をしていました。
昨年は中止せざるを得ず,本年もぎりぎりまで開催できるのかを検討した上で,入念な準備と慎重な対策をした上での開催に辿り着きました。

参加して頂いた親子の表情や,学生たちの話を聞くと,本当に開催できてよかったと思いました。
本年は,入場して頂く人数を限定せざるを得ない状況でしたが,来年は,もっと多くの方々に自由に参加して頂ける状況であればと願います。
学生たち,教職員は,来年の開催に向けて準備をして行きます。
是非,来年のこども応援広場に参加してください。

オープンキャンパス2021 アンサンブル音楽体験編

7月18日(日),オープンキャンパスが開催されました。
学科長・矢島先生による「学科説明」の後,体験ミニ授業が実施されました。
今回のオープンキャンパスのミニ体験授業は,音楽が専門の丹山三恵子先生による
「子どもが演奏するアンサンブル音楽を体験しよう」でした。
マリンバ,ドラムなどの楽器で,みんなに馴染みのある楽曲を アンサンブル演奏する内容です。
参加して頂きました高校生の皆さんは,20分間の短い時間で上手に,そして,楽しそうにアンサンブル演奏を完成させていました。

 

ミニ体験授業の後は,入学後に多くの授業や演習を受講する教室がある本学9号館や音楽室・図書館などを見学するキャンパスツアーに参加してもらいました。

本学は,オープンキャンパスに参加して頂きた学生に入学して頂く割合が大きいという特徴があります。今回のオープンキャンパスに参加して頂いた高校生に,来年度の新入生になってもらったら嬉しく思います。

次回のオープンキャンパスは,8月1日(日)です。👉Click
ぜひ,多くの方々に参加してもらえたらと思います。

小学校教員養成:理科実験編 in 理科

小学校教員免許取得を希望している,こども学科2年生が,「理科」の授業で,理科実験指導に取り組みました。
小学校4年生が勉強する,単元『 金属,水,空気と温度』の中の「水のあたたまり方」についての理解を深めることを目的とする理科実験です。

 

ビーカーに水とサーモインクを入れ,ガスバーナーであたためます。約40℃で,青色から淡紅(ピンク)色に変化するサーモインクの色の変化で,水のあたたまり方を観察するという実験です。

学生たちは,サーモインクの色が,青色 ➡ 青色+ピンク色 ➡ ピンク色に変化する段階の写真撮影・温度測定をして実験レポートを作成しました。

GIGAスクール対策 練習編Vol.1 in 理科指導法

GIGAスクール対策を課題にした模擬授業に向けて,「理科指導法」の授業で,学生たちが,新しい機材(RICOH_Wireless Projection Type1)を試しました。
この機材は,PC画⾯をワイヤレスでプロジェクタへ投影して共有することが手軽にできるもので,本年度,こども学科で購入したものです。

PCフリーの電子黒板に,学生のノートPCの画面を投影して,共有できることを確認しました。
学生たちは,次週より,これらの新しい機材を使いながら理科の模擬授業に臨みます。
GIGAスクールの新しい時代の教育現場で,即戦力の小学校教員になるべく頑張っています。

附属幼稚園見学:事前学習編

1年次生が,今月中頃~末,入学後初となる実習に参加します。
本日は,実習先となる本学の附属幼稚園の岩谷先生に,事前の説明・諸注意をして頂きました。
実習に参加する時の服装,児童との接し方・・・多くのレクチャを受けました。

学生たちは,今後4年間で,幼稚園実習・保育所実習・小学校教育実習・施設実習 ・・・などなど,多くの実習に参加させてもらいます。スタートとなるのが,附属幼稚園への見学です。
附属幼稚園への見学を良い機会として,実習に参加するに相応しい外装・心構えなど,多くを学んでくれたらと思います。

「こどもと器楽Ⅰ」‟ドキドキ“ ピアノ演奏テスト 

丹山三恵子先生の指導のもと,「こどもと器楽Ⅰ(1年次生受講)」の授業で,ピアノ演奏のテストがありました。

学生の多くは,ピアノは大学に入学してから始めています。現在は,コロナ禍の中,音楽棟のピアノ練習室が使えませんが,もうすぐ50台のアップライトピアノが揃っている練習室が使えるようになってくれると思います。

学生たちは,「慣れなくて,とっても緊張しました。」「これから,たくさんの練習をたくさんしたいと思います。」と話していました。  ガンバレ


幼稚園実習 ‟4コマ漫画・動画で振り返り”

今井美樹先生の指導のもと,こども学科2年は,1年次の2月に附属幼稚園で幼稚園実習を経験しています。その時の幼稚園実習での学びを,4コマ漫画で表現しました。さらに,動画にしました。

学生たちが,何を感じ,悩み,どのように向き合ったのか,
一緒に振り返ってください。

 👉Click

GIGAスクール対策 スタート in 理科指導法+理科

こども学科の小学校教員免許関連授業「理科指導法」「理科」の授業で,GIGAスクール対策がスタートしました。(理科指導法:3年生受講,理科:2年生受講)

8号館の一教室に新たに設置された,インタラクティブ機能搭載プロジェクタ EPSON_EB-725Wiを使い,先ず,小学校の理科授業における対策を詳解する「理科指導法_第8回:GIGAスクール対策詳解」を講義しました。

その後,使用方法をレクチャーして,学生たちは,実際に使用する練習に取り組みました。
理科指導法を受講している学生の多くは,9月に小学校での教育実習を控えています。
学生たちは,理科指導法の課題として,6-7月に,ICTを高度に活用した模擬授業に取り組みます。
その準備も兼ねた練習の意があります。

現在,在学する学生たちは,生まれた時から身近にインターネット・PC・タブレットPC・スマートフォンなどがあり,日常生活で当然のようにICTを活用している ‶Digital Native世代″ です。ですが,小学校から高等学校までの授業では,日常当然のようにICTを活用した授業を受けてきた児童・生徒ではありません。これらの学生が,卒業後の進路において求められるのは,職場で高度にICTを活用した職務の遂行です。中でも,小学校教員を目指す受講生は,GIGAスクール構想のもと,日常の授業で当然のようにICTを活用した授業を計画・実施し,児童を指導・評価し,また,ICTが進んだ校務を遂行することが求められています。
これらの状況に対応するためには,本学入学時から,日常の授業で当然のようにICTを活用した授業を受講し,ICTを活用した授業に慣れ親しんでおくと共に,PBLの発表時などにICTを活用したプレゼンテーションにも慣れ親しんでおく必要があります。そして,その先に,小学校教員養成関連の各教科の指導法の授業などにおいて,学生自身が小学校教師となり,小学校において,日常の授業で当然のようにICTを活用した授業を計画・実施することなどを効果的に遂行できると考えます。
そのための学生へのサポートを丁寧にしていきたいと思います。

学生たちの模擬授業の様子を,今後,レポートします。
学生たちの取組みに期待し,見守ってください。